足利工業大学_総合研究センター

〒326-8558 栃木県足利大前町268-1
TEL 0284-62-0782 FAX 0284-62-9985
HOMEセンター概要イベント情報公開講座交通案内研究員ホームページサイトマップ

HOME 矢印 センター概要矢印ハイブリッド発電システム
ハイブリッド発電システム

設置の目的
近年、地球温暖化に代表される環境問題が顕在化し、問題の解決のために、環境負荷の小さな自然(再生可能)エネルギー利用システムの導入が進められていますが、自然エネルギーは一般にその入力が不安定であることから、普及が妨げられているのが現状です。

本装置は、相互補完効果を有するものの自然条件に依存する風力と太陽光に加え、人為的に入力を調整可能なバイオマスガス化発電システムを組合わせたのが特徴のトリプル・ハイブリッド発電システムとなっており、電力供給の安定化を図るべく実証試験を行うことを目的に設置されました。

2003年11月より着工し、12月下旬に太陽光パネル、2004年2月中旬に風力発電機、3月中旬には木質バイオマス発電機を設置し試運転を経て、4月から稼働いたしました。

なお、本施設は文部科学省の平成15年度私立学校施設整備費補助金およびGIAC(広域関東圏産業活性化センター)の平成15年度グリーン電力基金助成を受けて設置しています。

風車とソーラーパネル
総合研究センターに設置されたハイブリッド発電システム


設置場所
本システムは、CO2削減による地球環境への寄与に加え、得られたデータの公表による国内の環境機械産業の振興、さらには途上国への技術協力なども目的としているため、地域社会との連携・協力の推進部署である足利工業大学総合研究センターに設置することになりました。


システム概要
風力発電:40kW(富士重工業製SUBARU15/40×1基)
太陽光発電:20kW(三洋電機製HIT-190B2×108枚)
木質バイオマス発電:20kW(富士電機システムズ製、足工大仕様)


戻る

page top  


足利工業大学


お問い合わせ

受託研究(試験)業務

共同研究について

施設案内

施設見学

風と緑の広場

ソーラークッカー

ハイブリッド発電システム



Google
サイト内検索 WWWを検索
   サイトマップ   お問い合わせ   交通案内   プライバシーポリシー   このサイトについて  
足利工業大学 総合研究センター